しおりん日記

同じアホなら笑わにゃ損!好きなものの話を書く!【twitter】@_shioring_

乃木ヲタが良い双眼鏡を買った話

唐突ですが、ちょっと良い双眼鏡を買いました。

 マジで、世界が変わる(気がする。まだライブ未使用)

※18/1/9追記:ライブでも髑髏城でも死ぬほど使っています。目が良くなった気がする。もう手放せない。こんな世界があったなんて…

 前々から良い双眼鏡は欲しかったんです。地方のフリマ*1とかで15センチくらいの高さしかないステージでライブをやっていた乃木坂ちゃんも今やドーム。しかもそのドームすら高倍率で取れない。と、するとこれからしばらくはドーム、ないしはそれに準ずる大会場でのライブが続くことが予想されるわけです。遠い世界でも推しを見続けたい。だったら、

 「いつか買えるからいま買える※早く買った方が得」

 ってことでこの度、高松のアンダーライブで遠い席が来たの(と、とある舞台*2に鬼ハマりしたの)を契機にちょっと良い双眼鏡の購入を決意しました!

 ジャニヲタに比べて双眼鏡大好き野鳥の会がまだまだ少ない乃木ヲタ界隈ですが、「推しメンの一挙手一投足を見逃したくない」「推しを一瞬で探したい」ヲタクにはオススメですし、何より「推しがアンダーなどの理由でモニターになかなか抜かれない」ヲタクはマストバイだと思います!ちなみに私は全て当てはまりますね!はい!

 知り合いのヲタクに双眼鏡にこだわりを持つ力の入ったジャニヲタが数人おりまして、その子たちに色々相談しつつ、更にはヨドバシカメラ秋葉原店の店員さんと1時間程度相談して色々覗いた私なりの結果を書きたいと思います!

 

【目次】

 

双眼鏡に望むこと

 まずはこれをそれなりに固めてから選ぶ必要がありますね。これは人によって違うと思うんで、これをはっきりさせる必要があると思います。ちなみに私は、

・顔を見たいというよりパフォーマンス特化な推し*3の踊ってるとこが好きなので、全身を見たい

・なので極端な近さというより画質

・舞台を観劇するのにも併用できる

・女性な上に筋力が平均以下なのであんまり重くないのがよい

・せいぜい出せて2万まで。出来れば1万円くらい。

 この辺りを重点ポイントとして選ぶことにしました。

 人によっては、重くても良いからとにかく流れ落ちる汗とか足の虫刺されまで見たいとかいろいろあると思います。なので、まずはそこをはっきりさせるのが第一歩!

 さて私は以上のポイントを重視して双眼鏡を選ぶことにしました。

 

選ぶときのポイント

 双眼鏡って今まで倍率のことしか考えていなかった。

 そういう人って多いと思います。私もそうでした。8倍より10倍が、10倍より12倍が良い、そんな単純な世界だと思っていました。結論、全然違った。まずは今回選ぶときに教えてもらったいくつかのポイントについて整理してみます。ただ、あんまり難しい論理とかは分かんないんで、この数字が高いとこうだよ!くらいです。このポイントと上記望むことの折り合いをつけながら選んでいく形になりますね!

 

①倍率

 まずは一番良く知られている要素の倍率ですね。

 ざっくり分けると、6倍・8倍・10倍・12倍の4種があります。もちろん数字が大きくなるにつれて対象物が近く、大きく見える。しかし大きく見えることは利点ばかりじゃないんです。まず、倍率が大きくなるにつれて明るさが確保するのが難しくなります。画面の中が暗くなる。加えて、対象物の鮮明さも落ちます。輪郭ぼやける。上記で私が望んでいた画質はどうしても大きくなると落ちてしまうんですね。あと、実際に倍率が大きい双眼鏡を覗いて思ったことは意外と酔うということです。手振れ酔い。この2点についてはまた後述します。

 下記がジャニヲタ諸君の意見(&ジャニヲタに借りて会場で覗かせてもらった経験)とヨドバシの店員さんの意見を総合した個人の印象による乃木ヲタ向け解説です。あくまで個人の。

 

【倍率】

6倍→AiiAクラスまで。AiiAなら後列でもしっかりと推しのダンスが確認できると思います。

8倍→AiiAなら推しの肌を伝う汗が、ホールクラス(地方全ツ・武道館)なら後列でも推しを確認してダンスを見ることが出来るレベルだと思います。表情はきつそう。ドームでも推しを探すくらいは出来ると思います。

10倍→ホールクラスなら推しの表情までばっちり見られると思います。ドームクラスだと推しの姿を確認して探すことが出来ると思いますが表情は見えないと思います。

12倍→ドームでも推しの表情が見える。しかし揺れがかなり強いので対策必須。しないと酔う。高額ですが防振機能付きじゃないときついと思います。

 

 ざっとこんな感じです。しかし先述の通り、どんなに近くに見えても像が暗かったりぼやけたり、その他いろいろな弊害が出てきます。なので、倍率だけ見て適当に決めると失敗します。マジで。本当に。気を付けて。下手すると8倍より見えない10倍の双眼鏡を買ってしまいます。というわけで、倍率以外にどんな要素があるんでしょうか。

 

②明るさ

これ、マジで大事。超大事。

これ、マジで大事。超大事。(大事なことなので2回言った)

 いや、本当に明るさ大事です。これによって見え方がかなり変わります。視界の鮮明さがぜんっぜん違う。そもそも双眼鏡に良く書いてある8×32みたいなのは倍率×レンズの大きさらしいです。そして、このレンズの大きさが明るさを決めるのです。当然レンズがでかい方が明るい。まあただ、大抵の家電量販店ならレンズの大きさ数値を見るよりも分かりやすい明るさ数値が商品スペックに書いてあると思います。明るさは大体4~25くらいまでありました。しかし、これが厄介で、倍率が高いと暗くなる。倍率が高くて明るいのは急激に値段が上がる。以下は私の印象です。ただし明るいところで覗いたので、コンサート、更には演劇など暗い場所で見るともっと差が顕著だと思います。

 

【明るさ数値】

4~9→割と暗い。私はきつかったです。

10~→まあ、耐えられる。

16~→すげぇ。覗いたら戻れなくなった。

25→怖くて覗いてない。

 

 って感じです。人の好みにもよりますが、私は大きく見えないことより、暗い方が耐えられなかった。多少倍率落としても明るい方がよく見えていると感じるくらいでした。店員さん曰く「明るい双眼鏡を使えば、暗転スタンバイもばっちり追えます!」とのことです。ヲタクか!

 

③見かけ視界

 多人数アイドル推しているあなたには超大事かもしれないです。耳慣れない言葉なんですけど、これは双眼鏡を覗いて見える丸の大きさです。これが狭いと、大勢いる女子の中から私だけの光り輝くあの子を探すのに手まどいます。50度~60度の間らしいんですけど、常に推しの位置が決まっている(センターが多いとか)以外の方はなるべく60度に近いものを選んだ方がストレス少ないと思います。あと、踊るときって結構移動するし広くて悪いことはない。ここにいる理由とかめちゃ水平移動するし、はだサマの中元さんサビ前めちゃ移動するし。

 あと、お芝居見るのが好きな人も見かけ視界が広い方が良い気がした。会話してるの見るときとか。

 

④重さ

 いや、これマジ重要。意外と重要。特に女子の皆さんは重要ポイントです。

 やっぱりスペック詰め込むとそりゃもう重たい双眼鏡になります。自分が持ち続けられる、快適に推しを見つめることが出来る重さと折り合いをつけることも重要です。

※髑髏党向け:重さは超大事でした。首から掛ける人は重さ絶対に考えて!

 

 とまあ、ここまで数字面のことを書いてきましたが、倍率高くて明るくて見かけ視界広くて軽いくてしかも防振♡な双眼鏡となると鬼高いです。普通に10万クラス。ということで上記4つのポイントに予算を掛け合わせたものが選ぶ基準になるかと思います。

 

実際に選んでみた

 まずは、私自身が今まで使っていた双眼鏡のスペックです。※笑わないで聞いてくれ

http://blog-imgs-49.fc2.com/p/a/t/pattenn/blog_import_4edf32656cd65.jpg


【スペック】倍率7倍、明るさ6.25、重量134g、値段2000円

見かけ視界に関しては記載が見当たらなかった。

 

  まじで、ずっと、これを使っていた。家に転がってた、誰かがいつの日か東京ドームで買ったであろう双眼鏡。いや、よく今まで使ってたなこれ!家で買ったものと見比べると本当に愕然とする程の差です。

 

 まあ、というわけできっと何を買っても大体今までより見えるんでしょうが、とりあえずアイドルヲタクなのでヨドバシアキバに言って色々相談しました。

 そして私が最初に挙げた望むことをもとに条件を絞っていきました。

 

【私の優先順位】

・明るさ→なるだけ明るいもの(推しがアンダーのためバックで踊るとき意外と暗いことが多いので)

・重さ→500gは超えたくない

・値段→~2万円は厳守。できれば1万円台。

・見かけ視界→広め(一瞬で推しを探したい)

・倍率→8倍(表情重視ではないのと、観劇で使うときあまりにも大きくなると不便そう)

 

 そこで絞られたのは下記2つです。

 

www.vixen.co.jp

【スペック】倍率8倍、明るさ16、見かけ視界53.4度、重さ525g、価格税込19000円くらい(2017/12/13ヨドバシ)

 まず最初に薦められました。そしてジャニヲタの友人にも薦められてました。みんな大好きコールマン。いくつか安いのを覗いてからこれを見たら本当にレンズ突き破って目玉が飛び出すかと思った。

 

 明  る  い  !

 

 いやもう、衝撃的なくらい視界が明るい。まるで視力がめちゃ上がった裸眼で見ているような明るさ。くっきりすっきり見えるせいか、安い10倍のものより何故か対象物がちゃんと見える気がした。たぶん「よく見える」ということは大きさの問題だけじゃないんですよね。実感。こんなにはっきりと違いが分かるとは思いませんでした。

 これを覗いたことにより、明るさの数値が「15以上」というのは必須となってしまいました。妥協できなかった…無理だった…

 しかし、ちょっと重かったんですよ。私、本当にマジで人が引くくらい筋力がなく、サイリウム振るだけで3日くらい筋肉痛残るくらいなんで。だから、そこがネックでした。

 

 首を捻っていたら出てきたのが次の商品です。ちなみに実際に私が買ったのはこれ。

www.vixen.co.jp

【スペック】倍率8倍、明るさ16、見かけ視界55.3度、重さ390g、価格税込21000円くらい(2017/12/13ヨドバシシ

 持って覗いた瞬間叫びそうだった。

 君 に 決 め た !

 視界はそのままに、めちゃくちゃ軽い。ぜんっぜん軽い。そりゃそうですよこの二つの双眼鏡の重さの差は135g。今まで使っていた双眼鏡まるまる一つ分の差があるんだから!価格が私の予算範疇外だったので最初はコールマンを店員さんも薦めてくださったみたいなんですが、即決でした。2000円でこんなに軽いなら私はこちらを選んでしまう…だってこれから何回も何時間も覗くんだもん…サイリウムだけでも3日だから重い双眼鏡持ったら5日は筋肉痛になる。

 

 というわけで、自分の優先順位に従順すぎるぐらいに従って選びました。私の新しい相棒アトレックⅡ。ちなみにこちらのシリーズ、少し明るさは落ちますが10倍もあるので気になる方は店頭でチェックしてみてください。また、ヨドバシではなかったと思うんですけど、重くてももっと明るい8×42もあるみたいです(しかし高そうだよ)。

 

で、一応みんな気になるジャニヲタ大好き(私の知り合いにも2名使用者がいます)防振も覗いてきました!※値段は量販店やamazonだともっとずっと安いです

cweb.canon.jp

 いや、マジで近いしクリア!すげぇ!しかし、元々スペックの低すぎる双眼鏡を使っていた私は、そこまでめちゃくちゃな感動はありませんでした…さっきのでも私には十分なくらいだ、みたいな。自分の情熱と値段が釣り合わなかった感じです。

 あと、何より重すぎる…マジ重い…無理…

 私はここまでの重さと値段を背負ってまで死ぬほど細部まで見たいとは思えなかったです。鍛えてないこの身体が悪い。でもこの価値観は人によるかと思います!乃木ヲタは男性が多いので、重さよりも価格面がネックかもしれないですね。倍率高い防振はどうしても5万~10万になるので。

 それでも宮崎アンダーライブで隣の席だった友人の、キャノン防振12倍おじさんに覗かせてもらったら、2階後方から琴子ちゃんの脚の虫刺されが見えたよ。12倍やばすぎ。

 防振に関しては、やっぱり12倍クラスになると絶対に必要だと思います。自分では止まってるつもりでも12倍使うと相当視界が揺れます。10倍でもまあまあ揺れる。あとライブで興奮したらもっともっと震えると思います…推しが可愛くて震える。それにしても防振は本当にピタッと止まって気持ちが良いですね~!

 あと、余談ですが防振は電池式なので8倍買うなら少し高くても10倍が良いみたいです。10倍と12倍は単3電池なのですが、8倍はカメラ用の小型電池なのでランニングコストと緊急の電池切れに弱いみたい…

 

 

 以上が、今まで超絶低スペック双眼鏡を使っていた乃木ヲタの個人的な戯言です。あくまで私が得た経験だから、人によって見え方の好みとかも違うので手っ取り早いのはお店に行って相談して現物を覗くことだと思います!

 確かに最初2万ってうっ…てなるんですけど、やっぱり何回も使えることを考えると早い内に決断した方がお得な気がします。本当にびっくりするぐらい見え方が違いますので!2万まではいかなくても、ほんの少しグレードアップするだけで貴重な推しの姿を今までよりもっとじっくり見ることが出来ると思います。

 どうしたって乃木坂は映像化されない遅いし、推しの一瞬一瞬を見逃したくないですよね。あと、やっぱりモニターで抜かれるメンバーは限りがある。人数も増えたしこれはもう、しょうがない。

 そう考えるとなんとなく、双眼鏡は乃木坂のヲタクにとって必要な投資のひとつなんじゃないかなー、と思いました!

 

以上、参考になれば幸いです!

 

*1:名古屋のマンモスフリーマーケット

*2:髑髏城の七人 上弦の月上弦の月のススメは改めて書きたい

*3:川村真洋ちゃん